猪狩 史幸 Masayuki Igari


猪狩さんは、輪島で塗師の修業を5年積んだ後、木から漆を採取する漆掻きとなるべく日本一の国産漆の産地である浄法寺に移住された方。漆掻きは通常6月〜10月にかけて行うため、それ以外の時期に塗師の仕事をされています。塗師としての猪狩さんが使うのはもちろんご自分で採った漆。国内で使用される漆のうち97%を中国産がしめる現在、それだけでも貴重だと言えるかもしれません。

After Masayuki Igari studied as a lacquerer in Wajima for 5 years, he moved to Joboji, which is famous for a Japanese lacquer producing area, to be Urushikaki which means people who collect lacquer from lacquer trees. He works as a Urushikaki from Jun to October, and for the rest of the period, he works as a lacquerer. His lacquer ware that only Japanese lacquer is used is valuable because 97 % of lacquer used in Japan is from China.

経歴
1977福島県本宮市生まれ  Born in Motomiya, Fukushima
2004石川県にて漆塗りの勉強  Studied as a lacquerer
2009岩手県二戸市にて漆掻きを始める  Started working as Urushikaki in Ninohe, Iwate
2012器の制作を始める  Started making wooden dishes

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

猪狩 史幸 作品一覧

猪狩 史幸 作品一覧

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

  • « Prev
  • Next »

10商品中 1-10商品