金森正起 Masaki Kanamori


名古屋市で金属を素材に造形作品や器、建築に関わる門扉や金物を製作されています。金森さんの仕事は多岐に渡りますが、器にしてもオブジェにおいても時間とともに風化する鉄味を持たせ、フォルムにおいても作為を消し、無垢な形を求め、製作しているように感じられます。鉄の花器が野の草木を素直に受け入れるのもその性でしょう。鉄が綺麗に塗装され、形がデザインされた現代において、また「わびさび」や「渋み」といった言葉が日本人にとっても遠のく時代。金森の仕事は自然の美と人が作る工芸が同じ美しさだということを教え「自然の美」と語ります。

Masaki Kanamori makes artworks, tableware, architectural works such as metal gate and metal fittings in Nagoya.He makes various works and all of the works have texture, which looks aged with time, and it seems he doesn’t intend to make particular form, but seeks form as it is. I would say that’s why his iron vases naturally go well with flowers. Iron is coated and shape is designed nowadays. The Japanese words “Wabi-sabi” or “Shibumi” are getting unfamiliar to many of Japanese. His works let us know that beauty, which is in nature, and beauty, which is created by human, is same.

経歴
1975名古屋生まれ Born in Nagoya
1998愛知、岐阜に現存していた野鍛冶を巡りはじめる
 何かを作りたくていろいろな作り手を訪ねているうちに鉄の仕事に出会う
2001松岡信夫氏(鉄の造形家)に弟子入りする Studied under Nobu Matsuo, who is an iron artist

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

金森 正起 作品一覧

金森 正起 作品一覧

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

  • « Prev
  • Next »

16商品中 1-16商品