安藤 雅信




安藤雅信 Masanobu Ando

岐阜県多治見の陶作家であり、ギャルリ百草の主催者でもある安藤雅信さん。 安藤さんの作品の多くは、石膏の型に粘土を当てて作るタタラ技法で作られています。 そのため、買い替えたり買い足したりするときにほぼ同じものをまた買うことができます。 手作りの質感とプロダクトのような手軽さ、日常使いにちょうどいいバランスが 安藤さんのうつわにはあります。

Masanobu Ando is a potter in Tajimi City, Gifu, and also the owner of Galerie Momogusa. Most of his works are made by the technique called Tatara. He applies clay into a plaster mold. His works have a good balance between handmade texture and easiness for everyday use.

経歴
1957岐阜県多治見市生まれ  Born in Tajimi, Gifu
美術大学卒業後、現代彫刻作家として活動
After graduating from an university of art, worked as a modern sculpture artist
そのご実家の器卸業を手伝いながら独学でやきものの技術を習得
While wirking at his family business, which is wholesales of pottery, he learned technique of pottery by himself
1998ギャラリー「百草」を開廊  Opened Galerie Momogusa
陶芸家とギャラリー主催者、両輪で活躍


< 前のページ
次のページ >
1件 [ 1-1 ]