植松永次 Eiji Uematsu


音も光も地球の歴史も記憶して来た土。
水や空気と同じく大切な土。
何も語らず、その形となる。
そんな土が私の手を動かし、形となる
じっと見つめると、土の表情が見えてくる。
静かに耳を澄ますと、土の声が聞こえてくる。 ー植松永次ー

リトグラフや絵画などを手掛ける中で土という素材に出会い、焼物へと制作の舞台を移行された植松永次さん。 1982年に伊賀・丸柱に窯を築いて以来、火とぶつかりあうことで生まれる土の表情と自由な造形とが溶け合うユニークな作品を制作しておられます。土の質感に富んだ植松さんのオブジェやうつわは静かにこちらに語りかけてくるような独特の雰囲気を持っています。

The soil has memorized the sound, the light, and the history of the earth.
The soil that is important as well as the water and the air
It says nothing, but just forms.
The soil makes my hands move and it forms.
When I stare it, I can see the expression of the soil.
When I listen, I can hear the voice of the soil. (By Eiji Uematsu)

Through had making art works with lithograph and painting, he started using soil as material and he shifted his field to pottery. Since he set up a kiln in Marubashira, Iga in 1982, he has created unique works, which have expression of soil and unfettered form created by fire. His art works and vessels with rich texture of soil have individual atmosphere, which seems to talk to us.

経歴
1949神戸市生まれ
1972土の質を確かめることからレリーフを創る。
1983伊賀市丸柱に移住
1992現代陶芸国際激請展(国立歴史博物館/台北・台湾)
2007植松永次 陶芸展 -土の形-/伊丹工芸センター/兵庫県伊丹市
2008アートで変わる住空間-ギャラリー佑英/N4TOWERマンションパビ    リオン/大阪市
2009土・火―根源へ/小海町高原美術館/長野県南佐久郡小海町
2010Shigaraki ACT2010/滋賀県甲賀市信楽町
BIWAKO BIENNALE2010/滋賀県近江八幡市
OBJECT LESSON4-Japonesque Gallery/THE INTERNATIONAL FINE
ART AND ANTIQUE DEALERS SHOW/ニューヨーク
2012Shigaraki ACT2012/滋賀県甲賀市信楽町
2016信楽まちなか芸術祭/滋賀県甲賀市信楽町
兎のみた空/京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA/京都市
2002.2004.2006.2012 ギャラリーやまほんにて個展開催

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

植松 永次 作品一覧

植松 永次 作品一覧

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

  • « Prev
  • Next »

9商品中 1-9商品