大村 剛




大村剛 Takeshi Omura


福岡・うきはで作陶する大村剛さん。岩田圭介さんの作品を目にしたことをきっかけに陶芸の道へ進まれました。岩田さんの元で1年修業したのち、基礎を学ぶために多治見市陶磁器意匠研究所へ。その後、故郷でもあるうきは市へと工房を移されました。錆びた鉄やブリキの質感が好きだという大村さんの作品は、まさに錆びた金属のような陶器。釉薬を工夫し、着色・焼成を繰り返すことで独特のテクスチャを生むなどして独創的な作品を制作されています。

Takeshi Omura is a potter in Ukiha city, Fukuoka. He decided to start making pottery when he saw works by Keisuke Iwata. After he studied under Mr. Iwata for a year, he went into Tajimi City Pottery Design And Technical Center to study fundamental technique. After graduating from the center, he moved to Ukiha city, which is his hometown. He likes the texture of rusty iron and tin, therefore, his works look rusty metal. He tries to make original works by coloring and firing works over and over again to get them characteristic texture.

経歴
1977福岡県生まれ  Born in Fukuoka
1997岩田圭介氏に師事  Studied under Keisuke Iwata
2000多治見工業高等学校陶磁化学芸術科卒業
多治見のレンタル工房 studio mavoにて作陶活動に入る
2007福岡県うきはにて独立
< 前のページ
次のページ >
1件 [ 1-1 ]