城 進




城進 Susumu Joh

伊賀・丸柱で作陶されている城進さん。アフリカの泥染の紋様をモチーフにしたという鉄絵のシリーズやアメ釉、粉引、白磁など日常使いのうつわを作っておられます。鉄絵シリーズは特にその意匠のおもしろさに惹きつけられますが、元々職人志望で陶の道に進まれた城さんのうつわは、使いやすい形で手取りも軽く、実際に使ってみると食器として非常に洗練されていることがわかります。

He lives and makes pottery in Marubashira. He makes tableware for everyday use such as ferrous pigment, glossy glazed, Kohiki, and white porcelain. His pottery of ferrous pigment is idea from motif of African mud dyeing, and the elaborately designed works attract us. Originally, he aspired craftsman and that's why his tableware is light and easy to use. You will realize that his works are sophisticated when you use it actually.

経歴
1971大阪生まれ Born in Osaka
1995京都精華大学美術学部造形学科陶芸専攻 BA,Kyoto Seika University
2000までに 世界50カ国を旅する Traveled around the world
現在三重県伊賀で作陶
東京ラ・ロンダジル、KOHORO
滋賀ギャラリー・マンマミーアなどで個展
2012うつわ京都やまほんにて個展開催
< 前のページ
次のページ >
38件 [ 1-38 ]