横山 秀樹




横山秀樹 Hideki Yokoyama


福岡で手吹き硝子を作る横山秀樹さん。倉敷硝子の創始者・小谷眞三さんの唯一の内弟子で小谷さんと同じく、知識ではなく身体で硝子づくりを覚えてこられました。現在でも硝子を溶かす窯には温度計はなく、坩堝(るつぼ)の中で赤く輝く硝子の生地の状態を見て、その日吹くものを決めるのだそうです。効率的ではありませんが、だからこその力強さを作品から感じられます。

He blows glasses in Fukuoka. He studied under Shinzo Kotani who is a founder of Kurashiki Glass, and Yokoyama is an only pupil of him. As his master has done, he learned glass blowing not by knowledge, but with his body.
He doesn’t have a thermometer when he melts glass. He sees the condition of the red melting glass in the crucible furnace, and then he decides what he blows for the day. It's not efficient way, and that’s why we feel the power from his works.

経歴
1950福岡県生まれ
1978倉敷にて小谷眞三氏に師事
1981岡山県船穂町に窯を築く
1983福岡県飯塚市に窯を築く
2002〜デンマークやイギリス、イタリアなどでも個展を開催
2011ギャラリーやまほんにて 「硝子のうつわ 展」開催
2012うつわ京都やまほんにて個展開催
< 前のページ
次のページ >
1件 [ 1-1 ]