大室 桃生

大室桃生

パートドヴェールという古代のガラス技法を用い、制作する大室桃生。 彼女の一つの作品にかける制作過程は長く、まずは粘土で形を作る作業から始まる。次に、成形した粘土から石膏型をとり、時間をかけて細かい模様を一つ一つ彫り込んでいく。その型に様々な色の粉末硝子を入れて焼成し、最後に磨き上げてようやく完成する。 そうして手作業で丁寧に作られて生まれるガラスは、硬質な印象はなく優しく柔らかな佇まい。ボウルや小皿などの器から、ランプシェードやオブジェまで、幅広く手掛ける。

Momoo Omuro mainly use the ancient glass technique, Paste of Glass Technique. Started with clay modelling, the whole production process is time-consuming and complicated. Firstly, she spends lots of time on engraving delicate and fine pattern on clay model, and later make plaster cast from it. Then, putting glass powder with different color and particle size inside this plaster cast model and then firing them in the glass kiln. Finally, it ends with the finishing polish. Her handcraft softens glass’s image, and instead, bring us with glass ware with a gentle and soft appearance. She is producing a large range of works, including tableware, such as bowls and plates, as well as lampshades and artworks.

大室桃生主要使用玻璃工艺技法Paste of Glass Technique进行创作。 每一件作品的诞生都历经复杂而耗时的制作过程:首先,用粘土造型,然后石膏取模。不惜投入大量时间与精力雕刻塑造出精致的纹样。接着,把不同颜色以及粗细的玻璃粉末堆放在石膏模具里,入窑施加高温烧结成型。最后细打磨表面完成作品。 作家通过双手用心创作出的玻璃品打破了玻璃固有的坚硬的印象,弥漫出温柔细腻的气息。 她的作品除了有碗和碟子之类的食具以外,还有灯具外壳与艺术品。

経歴
1969年東京に生まれる  Born in Tokyo
武蔵野美術大学工芸工業デザイン学部金工科を卒業  BA, Musashino University of Art
伝統工芸金工作家工房勤務
その後、ガラス(パートドヴェール)に素材をかえて、主に個展にて作品を発表。


< 前のページ
次のページ >
1件 [ 1-1 ]