竹口 要




竹口 要 Kaname Takeguchi


滋賀県東近江市・ことうヘムスロイド村で作陶する竹口要。 持ちやすさ、軽さ、口当たりの良さを心掛け、薄めに仕上げられた端正なフォルムは、 異素材にも見える独特の釉調も相まって、洗練された印象を与える。 しっかり焼き締まるよう独自調合した土を使い、見た目の薄さに反して堅牢な作りに仕上げている。

Kaname Takeguchi, a ceramic artist based in Higashiomi, Shiga Prefecture. His ceramic is in an elegant design highlining the usability, lightness, and the smooth finish, and together with the metal glazed finish that gives it an elegant appearance. He blends clay and fire the pottery for a long time to improve the strength.

竹口要在滋贺县东近江市制作陶瓷器。 他重视陶瓷器的轻便性与功能性,以及使用时皮肤触碰的感觉。 造型设计简洁端正,配合独特釉药使其看上去如同金属一般,带来简洁利落的印象。 使用特别调配的陶土长时间充分烧结而成的陶瓷器具,看上去轻盈实际上坚实牢固。



経歴
1992滋賀県立信楽窯業試験場素地焼成科 修了
1993同 釉薬科 修了
1994同 小物ロクロ科 修了
1998株式会社羅工房 入社
2004独立
2014工房を「ことうヘムスロイド村」に移す
< 前のページ
次のページ >
10件 [ 1-10 ]