三野 直子




三野 直子 Naoko Mino


現代ガラス工芸の町である富山県富山市にて制作する三野直子。会社員時代を経て、ガラスの魅力に引き込まれた三野は能登島ガラス工房にてガラス制作を学び、その後 富山ガラス工房へ。2021年に富山で独立する。三野の作品に施される繊細な模様は、手作業でボンドで下絵を描いてからサンドブラストを当てることにより生まれるもので、有機的な模様の多くは植物をイメージしたもの。静かな佇まいの中にも柔らかい華やかさがあり、光と影の奥行きが見るものを魅了する。

Naoko Mino is a glass artist based in Toyama, the town of contemporary glass. She was once an office worker. After being charmed by glass, she took a course at the Notojima glass studio to learn glass technology. And later, entered the Toyama garasukobo. The delicate organic pattern of her glass works, mostly with plant elements, are created by sandblasting, a process of sketching directly on the surface of glass with adhesive and then blasting it with sand. Her works feature the kind and gentle look, and you will be attracted by the shadows.

三野直子是在现代玻璃工艺之乡的富山县富山市进行创作的玻璃工艺家。她曾经在公司就职,对玻璃工艺一见倾心之后来到能登岛玻璃工房学习制作工艺,然后转移到富山玻璃工房。2021年在富山开始独立创作。她的纹样创作取材于植物的有机形态,在玻璃上以白乳胶为墨一笔一画地进行绘制,纹样完成后施加喷砂,把胶清洗干净以后就能得到细腻的磨砂图案。她的作品整体弥漫着宁静的气息,折射出柔和的光影,在玻璃的磨砂纹样之中还能看出倒影的纵深,让人无法移目。



経歴
1980大阪府生まれ Born in Osaka
   武庫川女子大学文学部人間関係学科 卒業 Graduated from the Mukogawa Women's University faculty of Arts majoring in the human relationship
2016能登島ガラス工房公開講座1年コース 修了 Completed a one year course in the Notojima glass studio
富山ガラス工房 所属 Entered the Toyama garasukobo
2022 京都やまほんにて個展開催


经历
1980出生于大阪府
   毕业于武库川女子大学文学部人间关系学科
2016参加能登岛玻璃工房公开讲座1年课程
加入富山玻璃工房
< 前のページ
次のページ >
17件 [ 1-17 ]