安藤 郁子




安藤 郁子 Ikuko Ando


静謐な佇まいと動物的でどこが根源的な感覚をもたらす安藤郁子の造形物。 安藤の作品群は人間の本能、生命体の神秘を想起させる。
生きづらさを抱える人たちが気軽に集えるアトリエとして「NPO法人アートリンクうちのあかり」の設立し、自ら運営を務める。
2017年からは美術大学で若手教育にも携わる。多岐にわたる安藤の活動は人間の根源を探求する活動のようである。

Ikuko Ando's works make us feel a sense of tranquility and animalistic, yet fundamental, sensation. Ando's works evoke human instinct and the mystery of life. She established the NPO "Art Link Uchi no Akari" as an atelier where people who have difficulty in living can casually gather, and manages it herself. Since 2017, she has also been involved in the education of young people at an art university. Ando's multifarious activities are like a search for the roots of humanity.

安藤郁子的作品总是能带来一种安定又非静止的,并且源自于内心的某个地方的触动。通过她的一系列的作品,你能联想起人类的本能和生命的神秘。
安藤创立并运营一个民间非营利机构,给日常生活上遇到困难的人提供一个可以自由自在地开展集会的场所。
从2007年开始安藤在美术大学开始了培养年轻艺术家的工作。她在参与各种各样不同的活动中探索着潜藏在人类深层的本质。

経歴 经历
1970青森県生まれ Born in Aomori
1994上越教育大学大学院学校教育研究科芸術系美術修了
BA, Graduate school of Joetsu University of Education, Nigata, Japan
1994〜1997金沢卯辰山工芸工房在籍  Kanazawa Utatsuyama Kogei Kobo
1995朝日現代クラフト展グランプリ受賞  Grand prize, Asahi Modern Craft Exhibition
1996マスダスタジオ(東京) にて初個展  First solo exhibition, Masada Studio, Tokyo
1997ギャルリプチボワ(大阪)  Solo exhibition, galerie petit bois, Osaka
2003INAX世界のタイル博物館(愛知)  INAX TILE MUSEUM, Aichi
2004リアスアーク美術館(宮城)  RIAS ARK MUSEUM OF ART, Miyagi
2007滋賀県立陶芸の森美術館、北海道立函館美術館など展覧会多数
2015「NPO法人アートリンクうちのあかり」を設立
2017秋田公立美術大学 美術学部美術学科 准教授
2006、2012、2017、2021 ギャラリーやまほんにて展覧会開催   Exhibition at gallery yamahon
1970出生于青森县
1994毕业于上越教育大学大学院学校教育研究科艺术系美术专业
1994〜1997入驻金泽卯辰山工艺工房
1995朝日现代工艺展大奖赛中获奖
1996东京的Masada Studio举办首次个展
1997大阪的galerie petit bois举办展览
2003爱知县的INAX世界瓷砖博物馆举办展览
2004官城县的RIAS ARK 艺术博物馆举办展览
2007于滋贺县县立陶艺的森美术馆,北海道函馆美术馆以及其他的地方举办大量展览
2006、2012、2017、2021 于gallery yamahon 举办展览
< 前のページ
次のページ >
1件 [ 1-1 ]