父の有り難う HTbook

2,750円(税込)

著者:長谷川 竹次郎

金工作家。尾張徳川家の御用鍔師の家系で、明治より茶道具金工家として一望齋を名乗る、二代目長谷川一望齋春泉の次男として生まれ、1968年、人間国宝・故関谷四郎氏に鍛金を師事。1980年より、長谷川竹次郎として各地で展覧会を行うとともに、1994年、三代目一望齋春洸を襲名。モダンで洗練された茶道具が多くの茶人たちの注目を集めている。
購入数