石原 祥充




石原祥充 Yoshimitsu Ishihara


福岡県宮若市で活動する石原祥充は京都市立芸術大学大学院彫刻専攻修了後、京都市内の高校、大学で美術の非常勤講師教員として4年間、勤務する。その後、福岡県直方に戻り、陶芸家である父親の弟子となり、陶芸を始める。 2006年に独立。地元で採取した土で制作し、年2回の登窯を焼成する。立体的な造形作品と柔らかい器に定評がある。

Yoshimitsu Ishihara works as ceramic artist in Miyawaka City. After received a master`s degree from the graduate school of sculpture department of Kyoto City University of Arts, Ishihara had once been a part-time art instructor at high school and universities in Kyoto for 4 years. later, he returned to Nogata City and started to learn pottery from his father, who is a ceramic artist.
Ishihara built his kiln in 2006. He collects the raw soil locally to make pottery, and twice a year burn his work in the kiln. His sculptural works of art and ceramic ware have an excellent reputation.

石原祥充目前在福冈县宫若市进行创作活动。他研究生毕业于京都市立艺术大学的雕刻专业。毕业后他成为了一名外聘教师,在京都当地的高中以及大学教授美术。4年以后,他回到福冈县直方市,跟随陶艺家的父亲学习制作陶瓷。 2006年开始进行独立创作。他使用当地采取的练泥原材料进行创作,每年只烧两次窑。他的立体艺术作品和造型柔和的瓷器广受好评。

経歴
1971大阪府茨木市生まれ  Born in Ibaraki City, Osaka
1976福岡県直方市に移る  Moved to Nogata City, Fukuoka
1996多摩美術大学彫刻科卒  BA, Tama Art University
1998京都市立芸術大学大学院彫刻専攻修了   MA, Kyoto City University of Arts
2006現在地に薪窯築窯独立   Opened a kiln in Miyawaka City, Fukuoka
2010横浜の画廊にて初個展   Held his first solo exhibition in Yokohama
以降、全国各地で個展を中心に発表を続ける   Later, held solo exhibitions and kept presenting art works around Japan
2018、2020年、やまほん[伊賀|京都]にて展覧会を開催   Exhibition at gallery yamahon

经历
1971出生于大阪府茨木市
1976移居福冈县直方市
1996毕业于多摩美术大学雕刻专业
1998研究生毕业于京都市立艺术大学雕刻专业
2006在福冈县宫若市建立了自己的窑场进行独立创作
2010在横滨举办了首次个展
此后,在日本各地举办个人展
2018、2020年 伊贺和京都两地的艺廊yamahon 举办展览
※ 展覧会予定
2022年7月 生活工芸展 【伊賀】gallery yamahon
2022年12月 個展 【京都】kyoto yamahon

< 前のページ
次のページ >
1件 [ 1-1 ]