荒賀 文成




荒賀文成 Fuminari Araga


京都で生まれ育ち、京都府立陶工高等技術専門校研究科を卒業後、1998年に北白川銀月アパートにて「荒楽窯」を開窯する。2012年に工房を京都府八幡市に移転し、現在も京都で作陶を続けている。職人時代に磨かれた轆轤の技術から、洗練された美しいフォルムと使い勝手の良さを兼ね備えた器が日々生み出されている。

Fuminari Araga was born and grown up in Kyoto. After graduating from the graduate school of Kyoto Prefectural Ceramic Techniques Professional Training College, he built the kiln “Kourakuyou” at Kitashirogawa Utsuwa apartment in 1998. Then, in 2012, he move his atelier to Yawata, Kyoto Prefecture. He has been making ceramic in Kyoto until now. His excellent wheel throwing skill is developed during the time when he was working as a craftsman. Now, he is making ceramic wares everyday, and them are all both beauty and usability.

荒賀文成出生并生长于京都。从京都府立陶工高等技术专门学校的研究科毕业以后,他于1998年在北白川银月公寓建造荒药窑。自2012年把工作室搬迁到京都府八幡市后,他一直在京都作陶直至今日。凭借手工职人时期磨炼出的陶轮造型手艺,他每天持续创作出兼具造型的精练美以及使用的便利性的陶瓷器。

経歴

1972京都生まれ
1993京都府立陶工高等技術専門校研究科 卒業
1998 北白川銀月アパートにて「荒楽窯」開窯
2008工房を滋賀県山中町に移転
2012工房を京都府八幡市に移転・京都在住


< 前のページ
次のページ >
10件 [ 1-10 ]