小澄 正雄




小澄正雄 Masao Kozumi


オンライン展覧会
「小澄 正雄 展 色ガラス」

会期 2020年5月23日(土)→ 6月7日(日) 午前00:00〜

Online Exhibition
Masao Kozumi: Colored Glass
May. 23, - June. 7, 2020

【同時開催 gallery yamahon】※実店舗でも開催いたします。

本展では硝子作家、小澄正雄の色ガラスを中心とした展覧会を開催します。江戸時代中後期の型吹きガラスのように薄く、軽やかな器を作ることで知られる小澄さんですが、自身も古陶磁器や古い硝子を好み作品からもその趣向が伺えます。今展に出展いただく色ガラスにもその趣向がみられ、搗色(かちいろ)玉高台杯や搗色ケルデル瓶などの名称にも色への強い意思がうかがえます。搗色(かちいろ)とは、紺よりもさらに濃く、古来日本からある紺色の一種ですが、厚みの薄さ故にその深みのある藍色はかすかな光の中で色の深さを感じることができます。今展では色ガラスの他にも透明ガラスの作品も多数出展いただきます。初夏の光が美しい季節、光を感じる小澄さんのガラスの器をどうぞご高覧ください。

経歴
1979熊本県生まれ  Born in Kumamoto
2001富山ガラス造形研究所を卒業  Guraduated from the Institute of glass in Toyama
2005富山県朝日町にて制作  Started making glass works in Toyama
2015岐阜県に移住し、制作  Moved to his studio in Gifu


< 前のページ
次のページ >
29件 [ 1-29 ]

おすすめ商品